高品質デザインWordPressテーマ「STORK19」を使ってます

レイヤー効果を使った面白い画像加工



スポンサードリンク

ご存じの方も多いと思いますが、PhotoShop のレイヤー効果を使って面白い画像加工が出来ます。
今回はそのTipsの一部をご紹介します。

【レトロ風な加工】

元画像です。これを・・・


こんな風にしたいと思います。

手順

  • 「チャンネルミキサー」の「モノクロ」にチェックをいれ、「平行調整」を「+20%」に設定
  • 「レンズフィルタ」の「フィルタ暖色系(LBA)」の適用量70%にします。「輝度を保持」のチェックをお忘れなく。

【HDR合成風な加工】

この画像を・・・


HDR合成っぽくしましょう。

手順

  • 元画像を三つ複製します。
  • 複製したレイヤー画像それぞれに「レベル補正」をかけていきます。
  • レイヤー画像と「レベル補正」レイヤーを結合させ、不必要な部分を消しゴムで消します。
[「レベル補正」の例](値はあくまで目安です)



レイヤーはこういう感じになります。

[レベル補正を適用した各レイヤー]


このように、強調したい部分のみ残して切り取り、全てのレイヤーを結合させて完成です。

【簡単凸凹加工】

これを・・・


こうしましょう。テクスチャは使用しません。

手順

  • 「塗りつぶし」レイヤーを用意します。
  • 新規レイヤーに「塗りつぶし」(黒でokです)に「フィルタ」→「描画」→「雲模様2」をかける
  • 上記レイヤーに「レイヤースタイル」→「ベベル・エンボス」(詳細は下記)をかけて完成。
[「ベベル・エンボス」の設定]

使い込む程、奥深いPhotoShopのレイヤー効果です。皆さんも「フォトショぢから」を十分に引き出しつつ、より良い制作物を生み出していきましょう。

Googleによる関連深い記事はコチラです。

シェア&フォローしてね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください